プロフィール

マイティーマウス


My-YouTube

↓元へなちょこドラマー

Author:マイティーマウス
日記ですから。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CakePHPに手を出してみる(CakePHPの入手からインストール)

それでは早速CakePHPを入手。

参考にした(これか参考にさせてもらう)サイトは
CakePHP プログラマーズ リファレンスガイド
gihyo.jp>CakePHPで高速Webアプリ開発
CakePHP guide
i d e a * i d e a CakePHP 修行カテゴリ
など。

CakePHPのインストールはいたって簡単。
まずhttp://www.cakephp.org/ からファイルをダウンロードします。
今回は参考サイトに従って安定版(Stable)zipファイルを選択。
次の画面では中央付近に「Donate Any」「Donate $1」「No Thanks」と3つのボタンが配置されているので一番右の「No Thanks」を選択する。
次のページ左下にある「Download Latest Release」リンクからパッケージをダウンロードする。

パッケージを展開すると,以下のディレクトリとファイルがあるので
 app/
 cake/
 docs/
 vendors/
 index.php
――――――――ファイルの概要――――――
/app
/config - データベース、ACL などの設定ファイル。

/controllers - コントローラが入る場所
/components - コンポーネントが入る場所

/index.php - /app をドキュメントルートにしてcake を置けるようにしています。

/models - モデルの入る場所

/plugins - プラグインの入る場所

/tmp - キャッシュとログで使用されます。

/vendors - このアプリケーションで利用するサードバーティのライブラリを入れます。

/views - ビューの入る場所
/elements - 小型のビューであるエレメントが入る場所です。
/errors - 自作のエラーページをここに入れます。
/helpers - ヘルパーの入る場所
/layouts - アプリケーション(全体の)レイアウトファイルがここに入ります。
/pages - 動的に作成しなくてよいファイルがここに入ります。

/webroot - アプリケーションの DocumentRoot
/css
/files
/img
/js

/cake - Cake のコアライブラリ。ここにあるものは、どのファイルも編集してはいけません。

index.php

/vendors - サーバ全体で使用する、サードパーティのライブラリ

VERSION.txt - 利用している Cake のバージョンが分かります。

http://www.cakephp.jp/doc/ より
――――――――――――――――――――


そのまますべてのファイルをサーバへアップロードして終了。かんたん!
今回私の場合はルートにアップ。

ブラウザからアクセスすると、一応Welcome画面のようなものが表示された。
けどCSSが定義されていない・・・

早くもつまずきポイント到着です。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tommylee.blog71.fc2.com/tb.php/157-571b31d8

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。